物撮り写真、知っておくと役に立つかもしれない被写界深度の合成

写真はカメラのコントロールが難しいものである。
なかなか自分なりの理想の写真が撮れなく、修行あるのみですね。

Photoshop CS4以降、ピント面が異なる複数の写真を合成して、被写界深度の深い写真を作ることができるようになった。

従来の4×5カメラでの物撮りならば、アオリを使ったピント送りとf64まで絞り込んだ被写界深度の深さで、ほとんどのものに対応できたものだった。しかしデジタル一眼レフが主流になってからは、35mm用のレンズを使うため、マクロレンズでもf32、一般のレンズならf22までが精々で、パンフォーカスの写真を得るのは難しかった。

幸い時代的な流行としては、パンフォーカスよりもピントの浅い写真が好まれる傾向にあるので、その意味では(パンフォーカス写真を要求される機会が少なく)助かっていたという側面はある。

それでも、商品にだけは全面ピントが欲しいという場合も多く、その時は撮影する時の工夫が必要だった。例えば、少し引き気味に撮影して被写界深度をかせぐ、複数のものをレイアウトする場合は、なるべく前後の距離差をつけない、といったことだった。

こうした問題が、「レイヤーを自動合成」を使うことで一気に解決され、パンフォーカスの写真が容易に作れるようになったことは喜ばしい。

さて、この引用文から感じたことは、デジタル一眼レフが主流になってからパンフォーカスの写真を得るのは難しかったと言う一文であります。
自分はデジタル一眼レフから写真を撮り始めたのでわからないことだった。
もちろん工夫することも知ってはいるものの、理想の写真ではないと思っていたので以下のサイトで方法を知って、試すことは大事なのではないでしょうか?
解説はこの引用文が掲載されていたサイトで解りやすく掲載されているので、
下のリンクからご覧頂いた方がよいかもしれません。
こちら

自分も何度か試した画像を掲載します。
(三脚も使わず、手持ちで適当に撮影したので参考までに)
使用機材
canon EOS 5DmkIIとEF 100mm f2.8 IS USM MACRO
引用文にもあるようにマクロレンズだとf32まで撮影できるので
マクロレンズを使って目一杯絞って撮影。
(普段は目一杯絞ることもないと思いますが)
まずは、Nikon 18%標準反射板 18Rを使って撮影

_MG_0282

その辺に転がっていたiPhone4sを撮影
_MG_0283

ピンあまいw
f32 シャッタースピード1/4秒 ISO3200
f32でもiPhoneの上部はぼけてますね。
f8ぐらいだとシャッタースピードが1/20秒前後だと思うので手持ちでも行けるとは思いますが上部のボケが激しくなります。
ためしにf32で撮ってみたかったのでしょうがない。

_MG_0285

iPhone上部でピントを合わせた写真
下部はぼけてますね。
そして手持ちで撮影しているため撮影位置までずれてしまっています。
この3枚の写真をlightroomに読み込みNikon 18%標準反射板 18Rを使って撮影したホワイトバランスを抽出し、2枚の写真に適応してから2枚の画像を選択した状態でlightroom_1

右クリックから「photoshopでレイヤーとして開く」を選択してphotoshopに。
お気づきかと思いますが、2枚だからいいものの数が多くなるにつれphotoshopに1枚づつ読み込ませていくのが大変になります。

photoshopで複数のレイヤーを選択して、「編集」→レイヤーを自動整列とレイヤーを自動合成を順番に適応して行きます。

_MG_0283-Edit

できたのがこんな感じなのですが、少ししかかわってないですけど、こんな感じです。あとはlightroomに戻ってISO3200とかで撮っているのでノイズ軽減の輝度、カラーあたりとか、シャープとか基本補正を調整。

lightroom_2

ヒストグラムのグラフの上からも調整が行えるので便利ですね。
また、撮影後のカメラにもヒストグラムがありますので、白トビ、黒トビなく撮影できているか確認すると速いですね。
こういうやり方があると、撮影物に奥行きがあるものやf値を開放よりにしたりしてもピントはコントロール出来る、ある種プログラミングに近い感じがします。
(解りにくい撮影ですいません)

manfrottoの新しい三脚は是非とも欲しいところ
manfrotto

 

たまには、のんびりクラシックでも
bruno