ホームページ制作はどうすればいいのか? WordPressを使おうかな?を考える

いやぁー。暑くなってきました。ご無沙汰しております。
ホームページにおいて僕が思うことは、情報をどう発信することなのかなぁと思ってます。(そしてすごい長文になったんで、、ペコリ)

ページは見てもらえないと意味のないもの。
じゃあ、どうすれば見てもらえるようになるのか?

それは、「驚きと変化をホームページに加えること」

話しそれちゃいますけどスポーツ観戦をしてて、この場面でこれをするのか!とか驚きがあるから楽しいし、成功したり失敗したりチャレンジしている姿が素晴らしいですよね。玄人さんになると何気ないプレーの中にスポーツをした人しかわからないプレーなんかもありますよね。
ホームページはどうなんだろうか?なにか驚きや変化は加えているのだろうか?
僕が思う事はスライドとかアニメーションとかの驚きや変化でもいいのですが、
まず、簡単に出来る事と言えばプロのノウハウをお知らせすることです。
ビジネスをされている方等、その道のプロはその道のプロでしかわからないノウハウが沢山あります。
色々な人の話などを聞かせてもらっていると、「そうなんだぁ!」とか、知らなかったって事がおおいと思うんです。
(自分は常識がないみたいなので多すぎるw)
どんな職にも一般の人が知らないノウハウがあり、こんな時間かかったりしてるんだ!とか知らないことを知る楽しさ。驚きですね。
変化については読者が知らない事を知った時点で変化しています。読者にドンピシャの記事では無いとしても気にしない。万人に通用する記事など存在しないし、数人に向けた記事でもいいと思うんです。
基本的に多くの人は知りたいと思う事は検索を使います。
検索からたどり着いた記事は読まれます。興味があるワードを検索したからです。

更新する人、
プロが陥る点としては、当たり前の様に一般人ではこなせない事を当たり前だと思っている事。それ故にこんな事で驚かれるのか!とかみんな知っていると思った、、、とかよく聞きます。
難しいのが客観的視点で物事を見ることが非常に難しいこと。

以上を踏まえて「驚きや変化を加える」ホームページの制作ですが、更新しないと「驚きや変化は加えられない」ですよね?
日々の事やノウハウの記事を配信するにあたり、制作会社さんに日々更新依頼をするのが今までなのかなぁ?と思いますが費用がかかったりしますよね?
毎日更新してもいいし、不定期に更新でも

記事はページオーナー様が更新をしていくという形がシンプルではないのか?ということです。
そこで記事を更新するにあたりブログシステムというものがあります。ご存知だと思いますが、ホームページよりもブログでのページ集客が圧倒的に多いと思います。
解らないことや興味のあることを検索し、調べるからです。
じゃあ、ブログシステムで記事を更新すればいいのではないか?無料のブログツールがありますからそちらをホームページ代わりにという流れになりますよね。
さて、無料のブログツールですがアドレスがこうなります。
例)http://ブログツールのサイト名/○○○○○/
○の部分は任意に決められるのはご存知だと思います。

僕はブログを独自ドメインを使って利用することをお勧めしています。
独自ドメインとは (http://beat-logic.com ←こんなやつですね。)
考え方としては、もし仮にこの独自ドメインが検索において有利ではないのなら、http://ブログツールのサイト名/beat-logic/ このようなアドレスが全世界に共通になりますよね?仮にURLを覚えやすいためだけにあるのなら、
別にhttp://ブログツールのサイト名/beat-logic/でも覚えられるし、ということです。
また、ブログツールのサイト名のサーバーの中にブログがあることから、このブログツールサイト内部で検索ワードの上位4件だったかな?が検索対象になるし、管理会社の意のままです。
もし、このことが理解していただけたなら、今まで無料ブログで更新していたから効果がなかったのかなぁ?と思い始める、またはブログを変更してみて様子をみたいなと思うはずです。
ホームページやブログは効果が解りにくいもの、だからまずは最善の方法をとっておき記事やコンテンツに力を入れるべきです。

実はここまでが前置きなのですが、どうしよう、、、
ここからは、事業をなさっている方など夜の時間を少し勉強の時間に当てるのは辛いかもしれませんが、がんばってみてください。簡単に出来ると思います。

流れは

  1. 独自ドメインを取得 (年間1000円ぐらいです)
  2. レンタルサーバーを借りる (年間1万円ぐらいのサーバーがいいのかなぁ?安いレンタルサーバーは速度が遅いのであまりお勧めしてません)
  3. レンタルサーバーを借りるときに、簡単WordPressインストールがあるところを選んでくださいたいがいあると思いますが
  4. レンタルサーバーを借りる時に説明がきちんとなされている会社さんを選ぶといいかと思います

あとは、レンタルサーバー会社さんの説明にそってポチポチと進めていけばWordPressがインストールされWordPressの管理画面に入れると思います。
ここから記事の更新を行うようになります。
無料ブログツールをしたことがある人であれば、なんとなくわかると思います。
実際、ここまでどなたでも出来ます。
あまり複雑に考えちゃうと出来る物も出来なくなります。説明や解説されているサイトを見てポチポチクリックしていくだけです。
解らなくなった時は、検索で調べればたいてい回避可能です。
さらに、WordPressのデフォルトテーマを利用すれば、最新のHTML5の対応や、スマートフォンやタブレットにも最適化なされていますので心配いりません。

WordPressにはプラグインと呼ばれるものが沢山あります。
いろんなプラグインを使ってみればよろしいかと思いますが、たくさん使いすぎるのも問題です。また、スタイルシート(css)を読み込むプラグインが多いとサイトは重くなるのでよくないです。まずは下にあげる3つのプラグインなんかいいんじゃないでしょうか?

  1. Jetpack by WordPress.com
    盛りだくさんのプラグイン、facebook、twitterの連携、コンタクトフォーム等便利です。
  2. Google XML Sitemaps
    Googleウェブマスターツールにsitemapを登録
  3. All In One SEO Pack
    アクセス解析のGoogle アナリティクスのコードを埋め込める、SEO効果の期待のため

まずは、ここまで費用をあまりかけずにやれることはやってみるべきです。WordPress管理画面の中ではいろいろな設定がありますので触っていくうちに覚えていけるかと思います。

ちょっと難しいかもしれない話

WordPressのメリット

CMS(コンテンツマネージメントシステム)であり、サイト内部のリンクが容易に形成できる。内部リンクが凄く重要です。
例)http://beat-logic.com/susy-responsive この記事ですが

  1. http://beat-logic.com/category/web
  2. http://beat-logic.com/tag/susy
  3. http://beat-logic.com/2013/05
  4. http://beat-logic.com/blog/page/2

このような感じで記事を更新すると各ページが形成されることです。もちろんちゃんとカテゴリー分けや、タグをつけたりしなければいけませんが、見に来てくれた人にその他の有益な情報などを提供できる可能性が高まることです。
このシステムを利用することでGoogle検索エンジンはサイトを高く評価します。
なぜ?
そりゃ、無いよりあったほうが閲覧している人に対して優しいから。また検索を利用してもらえるようにと、サイトの順位を上げるわけですよね。
僕も検索してたどり着いたサイトの別な関連する記事を見る時がありますし、カテゴリーやタグで分類されていると見やすいですよ。
全部の記事等はみないですし、興味のある関連した記事ぐらいです。

WordPressのデメリット

先ほど例)にあげた4つのアドレスは記事を投稿した際にカテゴリーや、タグ、更新日時等に分類したわけですが 投稿記事はデータベースに直接追加や変更を行います。ということはサイト訪れた人は毎回データベースにアクセスしてから後にページとして表示されています。
これは、けしてパフォーマンスがよいとはいえません。
なぜ、パフォーマンスを気にするかというとGoogle検索エンジンはページの表示速度も検索順位に影響するからです。
ですので、レンタルサーバーを借りる時に年間1万円ぐらいのサーバーはある程度の速度をだしてくれるだろうという予測でしかありません。
最安とかのレンタルサーバーだとちょっとどうなのか解りませんが、まぁ遅いんじゃないかと、そこは予算を投じるべき箇所だと思います。
もし、表示速度が遅ければ別なレンタルサーバーに変更したほうがよいかと思います。サーバー変更はデータベースの扱いの知識が必要なので、出来れば引っ越ししたくはないのですが、その時は致し方ありません。

ちょっと贅沢なのかもねぇ

さて、WordPressを導入しデフォルトテーマで更新をしていくわけですが、十分効果はあると思いますが、やっぱりここを変更したいとかイメージを変えたいとか出てくると思われます。でも自力でやろうと思えばやれますが、やっぱり習得するのに時間が凄く掛かると思われます。無料のテーマとかもありますし、有料のテーマとかもあるのでそちらでもいいのかもしれません。(自己責任でお願いします)

時間の掛かる部分

  1. php言語の部分
    ループや関数に関して
  2. CSS スタイルシートの部分
    デフォルトテーマがモバイル対応のレスポンシブウェブデザインなので同じくレスポンシブデザインで作成 sass compassはお勧めです
  3. HTMLの基本部分
  4. データベースの部分
  5. Amazon Web Servicesで提供しているEC2(Elastic Compute Cloud)サーバーの部分 お勧め!パフォーマンスがいいね!
  6. WordPressテーマを作る部分はスターターテーマがお勧めですよ。
    アドレスはこちら http://underscores.me
  7. MAMPインストールしてローカルサイトで作成すると楽かもですね

まとめ

  1. ホームページは更新していきましょうよ。
  2. ホームページはあるのに更新しているのが無料ブログって意味はあるのか?そこに存在するかぎり意味はあるのでしょう。
  3. 独自ドメイン取得してレンタルサーバーにWordPressインストールして自力でもいけます。
  4. 制作を依頼する場合等は更新型のホームページで作成されたほうがよいかと思います。もし仮に更新型でない場合、再度制作し直すか、もしくはもうページを持たなくなるでしょうね。
    僕が一番怖いと思うことは、ページを持たないこと、、
    地道に更新などしていくことが凄く大事だと思うからです。

トータルテンボスはおもしろいね!しのびねーな。かまわんよ!